3月のライオンにて、プロ棋士である島田開(しまだ かい)。

島田開.png

彼はどのようなキャラ設定となっているのでしょうか?

●島田開キャラ設定




30代後半、A級八段。
居飛車党。

ルックスの通り身体は痩せており、髪もやや薄め。
奨励会の頃から胃痛持ち。やや身体が弱いです。

宗谷冬司と同じ年齢で奨励会の同期。
二階堂晴信の兄弟子であり、晴信のことを「坊」と呼び、晴信からは「兄者」と呼ばれています。

獅子王戦トーナメントの際、晴信から「桐山の目を覚ましてやってください」と懇願され、その言葉通り零を破ります。
この対局を機に、零に興味を持ち自ら主催する研究会へと誘います。

島田の出身は山形県天童市付近の村。
果実の収穫や酪農を手伝いつつ奨励会への交通費を稼ぎつつプロ棋士となった苦労人です。

タイトルホルダーとなって故郷に錦を飾ることを目標としています。
しかし、将棋に没頭するあまり恋人にも愛想をつかされ、いまだに独身。

ところが非常に後輩思いでありつつ、故郷の過疎問題にも心砕く姿勢に、彼を慕う人々は多いです。